永久脱毛コラム

永久脱毛の副作用とは?

永久脱毛は、出力が高めのレーザーを照射して毛根にダメージを与えることでムダ毛を効率よく脱毛することが出来方法です。
出力が高いレーザーを当てますので、人によっては一時的に赤みや火傷のような症状、毛膿炎やニキビといった炎症が起こることもあります。
こうした症状は肌が弱い方や日焼けをしている方におこりやすい症状ですが、施術のあと冷却したり、出力を下げてもらうことで副作用が出るのを防ぐことが可能です。
クリニックでは、看護師が施術を行っており、副作用が出た場合は医師による診察や薬の処方をしてもらうことが出来ますので、安心して施術を受けることが出来ます。
肌が弱い方はあらかじめ医師に相談すると良いでしょう。

永久脱毛で考えられるトラブルは?

ムダ毛の量が少なくなっている部分のアフターケアの仕方については、それぞれのクリニックの医師の方針によって、大きなバラつきが出ることがあります。
そこで、最新式の永久脱毛の施術にチャレンジをしたい場合には、打ち漏れや火傷などのリスクに対処をすることが重要なポイントです。
現在のところ、テスト照射や再照射などの大切さについて興味を持っている人が増えており、保証制度の内容を確認しつつ、副作用のリスクに備えることがコツです。

永久脱毛の副作用で汗の量が増える!?

クリニックで行う永久脱毛は医師の判断で進めるので安全性を重視し、安心して行えるのもいいところです。口コミなどでは、汗の量が増えるということが書かれていることもありますが、実際にはそのような副作用は考えにくいです。ワキ汗やワキガに関しては、勘違いですが、毛がなくなりと、汗が流れやすくなるので、多くなったような感覚はあります。脱毛で毛がなくなることによって、汗が流れていき、乾く間もなく不衛生な状態になってしまうと臭いの原因にもなります。

永久脱毛後のアフターケアは?

永久脱毛を受けた後には脱毛後に過度の日焼けとなり、副作用に苦しんでしまう可能性があります。そのためサービスを受けた当日には脱毛した部分を冷やすことが大切になります。
永久脱毛を受けた肌はかなり弱っています。銭湯などにはお風呂だけでなくサウナもあります。サウナは汗を出し痩せるにはもってこいですが、永久脱毛をした肌にはなりの負担になる可能性もあります。そのためサウナに入る時には長時間利用しないように注意が必要になります。
紫外線も皮膚を傷つける要因となるので、日差しがきつい日には日傘などを使い紫外線から肌を守る必要があります。どうしても長時間出る際には日焼け止めクリームも必要です。

鹿児島の永久脱毛口コミ